カレーリャ:美しいビーチに、スイミーがいた

それから、とつぜん、スイミーはさけんだ。
「そうだ。みんないっしょにおよぐんだ。海でいちばん大きな魚のふりをして。」
スイミーは教えた。けっして、はなればなれにならないこと。みんな、もち場をまもること。
みんなが、一ぴきの大きな魚みたいにおよげるようになったとき、スイミーは言った。
「ぼくが、目になろう。」
朝のつめたい水の中を、ひるのかがやく光の中を、みんなはおよぎ、大きな魚をおい出した。

レオ=レオニ 『スイミー』より

バルセロナを出て、北へ。110kmほど先の町ジローナへ向けて自転車を漕ぎ出した日のことだ。

バルセロナ郊外。右手に地中海が広がる

ぼくは右手に広がる美しい地中海を眺めながら、心底気持ちの良いサイクリングを楽しんでいた。8月末だったが、日本とは違い空気が乾燥しているから、突き抜ける風が爽快だ。

地中海を走る列車

しばらくは、右手に線路が並走していて、ときたま列車が過ぎ去っていった。この列車は地中海沿いに走り、南仏のナルボンヌやマルセイユ、ニース、モナコを通って、さらにイタリアのリビエラ海岸を走りジェノバへと向かう、ヨーロッパでも屈指の景勝路線だ。

60kmほど走ったころだろうか、目の前に美しいビーチが飛び込んできた。バルセロナのビーチも好きだけど、美しさの割に人が少なく、ここは穴場だなと思った。後で地図で調べてみると、どうやらカレーリャという小さな町のビーチのようだった。

カレーリャのビーチ

こんなところで泳いだら気持ち良いだろうな〜と思った。ちなみにバルセロナで泳いだからわかるのだが、こっちの海は日本のように(と言ってもぼくは三浦半島の海しか知らないが)ベタベタとしていない。海から出たときも、まるで真水に浸かっていたかのように体がサラサラしているから、シャワーを浴びる必要がない。だからバルセロナの人々にとって、海で泳ぐということは、日本人が考えているよりも、遥かに気軽なことなのだ。タオルと水着だけ持って、「今日は天気がいいし、ちょっと泳いでくるかな」という風に。バルセロナでお世話になったクミカさんが、そんなことを言っていた。

あまりのビーチの美しさに、ぼくは自転車を停めて、通りすがりのカップルに記念写真を撮ってもらった。ここで泳ぐためだけに、わざわざこの町に旅行する人がいてもおかしくない。

お礼を言って、カメラをバッグにしまっていると、今度は別のおじさんが話しかけてきた。

「あそこに海の色の違うところがあるだろう」

 

ん? 本当だ。なんだあれ。

「あれは小さな魚の群れなんだ。とても珍しい光景なんだよ」

たしかに、うねうねと姿を変えている。しかし、あまりに見事に一体化しているため、とても小さな魚の群れとは思えなかった。ぼくは小学生のときに国語の授業で読んだ、スイミーを思い出した。

スイミー

 

ちょうどその場所で、バルセロナから続く海岸線の道が終わりを告げた。ジローナまでは、残り50kmだった。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s