negative: nothing 日本を徒歩で縦断したスイス人の物語

徒歩で日本を縦断するトーマス・コーラさん
(C)negative: nothing

2012年2月6日、ひとりのスイス人男性に、観光庁から感謝状が贈られた。

ぼくはその翌日、「観光庁、日本縦断のスイス人男性に感謝状」という見出しの小さな記事を、たまたま旅行業界のニュースで見つけて、彼のことを知った。

スイス人トーマス・コーラさん(45歳)は、スイスの旅行会社で働き、日本への旅行の企画や営業を担当していた。しかし2011年の東日本大震災後、旅行のキャンセルが相次ぎ、コーラさんは解雇され、仕事を失うことになる。別の仕事に再就職することもできただろうが、彼は違う道を選んだ。

「大好きな日本に恩返しがしたい」

震災後、原発事故のニュースは世界中で報道された。もちろんスイスでも。
しかし、その報道は正確なものではなく、多くの人の誤解を生み出していた。
「日本全体が放射能に汚染されてしまった。」と。

コーラさんは、30歳のころに日本に留学経験があり、素晴らしい時間を過ごしたそうだ。だから日本のことをよくわかっていた。

「日本はとても大きく、原発事故があったのはその一部の地域に過ぎない。日本の大半は安全だ。」

コーラさんは、決意した。北海道の最北端・宗谷岬から、鹿児島県の本土最南端・佐多岬まで、徒歩で日本を縦断しようと。そして、日本が安全であること、日本にはたくさんの魅力があることを、ブログで発信しようと。

ちょうど同時期、スイスで新聞記者をしていたヤン・クヌーセルさんも、かつて留学していた日本のために何かがしたいと、思いを募らせていた。知り合いであったコーラさんから日本縦断の計画を聞き、3年間勤めた新聞社を辞めて、「映画を撮りたい」と申し出た。ニューヨークで映像関係の仕事をしている兄のステファン・クヌーセルさんとともに来日し、カメラを回し続けた。

日本縦断、2900kmの旅
日本縦断、2900kmの旅
(C)negative: nothing

日本人さえ気づかなかった、日本人の良さ

1年がかりで完成したドキュメンタリー映画『negateve: nothing』の上映会が、青山にあるドイツ文化センターで行われた。78分間の、素晴らしい映画だった。小さな会場は満席になったが、お客さんは年配の方がほとんどだった。10代、20代の人に見てほしいと、ぼくは強く思った。それがとても残念だった。この映画には、力がある。

2900kmにおよぶ徒歩の旅をしながら、コーラさんは英語で、ドイツ語で、そして日本語で、ブログ(Zu Fuss durch Japan / Walking through Japan)を更新し続けた。毎回、ブログの最後に綴られた「negateve: nothing(今日も嫌なこと、悪いことは何もなかった)」という意味の言葉が、映画のタイトルになった。

コーラさんは、すげがさを頭に被りながら、毎日20~30kmを歩き続けた。道中、たくさんの人に励ましの声をもらった。旅の足しにと、1000円札をくれた通りすがりの人、スポーツドリンクをくれた少年、「一緒に歩かせてください」と言い、一日をともに歩いた男性、とにかく話は尽きない。

「北海道から?歩いて?」と驚く女性
「北海道から?歩いて?」と驚く女性
(C)negative: nothing

舞台は田舎で、登場するのは普通の人ばかり。それでもこの映画を観たスイス人は、「日本に行きたくなった」と言うそうだ。「日本人さえ気づかなかった日本人の良さ」が、この映画には詰まっていた。

人に応援されると、不思議な力が湧く

さて、ここからがぼくにとっての本題だが、この映画を観て一夜明けた今でも、ぼくは興奮状態で、気持ちの整理がついていない。コーラさんの体験には自分の自転車旅と重なる部分が多く、感じ入ることがたくさんあった。

「信じられないほど疲れているのに、毎晩ブログを書く力があった。」と、コーラさんは話した。

ぼくもそうだった。コーラさんは、日本のために歩いた。ぼくも当時、「日本を元気にしたい」という思いで、ヨーロッパを自転車で走っていた。本当に不思議なのは、疲労はピークに達しているのに、ブログは書くことができるのだ。それは、できるというより、何か大きな力に動かされていたというような感覚で、多分それが、応援してくれた日本の人たちの力なんだと思った。協賛という形で、応援してくださった人がいる。その人に応えたい、という気持ちがふつふつと湧いてくる。使命感というのは、こういうものかとも思った。あのときは、自分でも信じられないような力を感じた。自分でお金を貯めて、自分ひとりでやった旅だったら、毎日ブログを書き続けることはできなかっただろうなと、今でも思う。そんなことを、この映画で思い出した。

想いを形にすると、想像以上の感動が生まれる

また、映画の中で、コーラさんが鹿児島県の佐多岬にゴールしたとき、ぼくは涙がこぼれた。他人の旅なのに、なんでこんなに感動するのだろうと思った。一日20km歩く。これはやろうと思えば、誰だってできる。でもそれをコツコツと続けて、日本を縦断する。誰にでもできるんだけど、多くの人がやらないこと。そして、その体験をブログで発信し、共有した。コーラさんがやったことは、まさにぼくがライフワークにしたいことだった。

もしかしたら、ぼくも西ヨーロッパの2カ月間の旅を終えて、ベルリンのブランデンブルク門のゴールテープを切ったとき、自分が昨日味わったのと同じような感動を、人に与えられたのかもしれない、と思うと、それもまた感慨深いものだった。コーラさんの映画は、こんなこと言っては失礼だけど、まるで自分の挑戦を見ているようだった。そして、それにぼく自身が感動していた。不思議なことだった。

自転車で毎日100km前後走って、道中のことをブログに書く、というのは、大変な作業ではあるけど、頑張れば誰だってできることだ。でもそれを2カ月間やり続けた。そして、目標にしていた「西ヨーロッパ一周」を実現した。そこに感動が生まれる、らしいということを学ばせてもらった。ぼくは自分でもよくわかっていなかった。自分の挑戦がどれほど人に感動を与えうるのかを。それが昨日、よくわかった。

様々な苦労をしながらも、たくさんの人との出会いがあり、応援があり、自分のやりたいことを少しずつ形にしていく。そして、その小さな積み重ねが、ゴール地点で大きな感動につながる。過大評価ではなく、間違いなく、「ツール・ド・ヨーロッパ」は人に感動を与えられたのだと思うし、ぼくはこれからも、きっと感動を与える挑戦ができると思う。少し、自信につながった。ふと思って、ぼくがゴールした日のブログを読み返したら、その日いただいたコメントの数々は、ぼくがこのコーラさんに抱いたものと、同じ気持ちだった。

トーマス・コーラさん、ヤン・クヌーセルさん、ステファン・クヌーセルさん、素晴らしい挑戦、素晴らしい映画を、本当にありがとうございました。今度は、スイスで、会いましょう!

左がヤン・クルーセルさん、右がステファン・クヌーセルさん
左がヤン・クルーセルさん、右がステファン・クヌーセルさん
Advertisements

2 thoughts on “negative: nothing 日本を徒歩で縦断したスイス人の物語

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s