ぼくを朝型に変えた、「反復的なイメージ」の力 ~村上萌さんとキング牧師の共通点~

20140705-130445-47085951.jpg

出勤前に、毎朝7時から皇居ランをする(一周5km)という習慣がつきました。

こんなにも継続できていることに驚いています。というのも、今までのぼくは決して朝に強い人間ではなく、仕事に遅刻しないギリギリまで寝ているような人間だったからです。7時15分に目覚ましが鳴るたびに「あと5分」「あと5分」と二度寝を繰り返し、7時半頃に渋々起き上がる。そして満員電車に疲弊しながら、「は~、今日も仕事がんばるか~」という気持ちで朝を過ごしていました。

かといって、朝6時に起きるようになった今の自分が、ムチを打つようにして気合いと根性で起きているのかといえば、そうでもないのです。朝が楽しみで、ワクワクしながら目覚めています。無理しているわけでも努力しているわけでもなく、好きで自発的に起きている感覚です。これは、もしかしたら誰かにとって有益な話になるかもしれないので、早朝皇居ランをするようになった経緯について、ここで話したいと思います。

 

毎朝眺めていた写真に憧れて

20140705-131258-47578523.jpg

そもそものきっかけは、村上萌さんのInstagram(インスタグラム)でした。

Instagramというのは、写真の投稿に特化したSNSです。簡単にいえば、Twitterの写真バージョンのようなもの。なのでぼくのタイムラインには、友人をはじめ、フォローしている人たちの写真が流れてきます。その中で、毎朝のように、素敵な朝食の写真をアップする方がいました。それがライフスタイルプロデューサーの村上萌さんでした。

20140705-130445-47085841.jpg

村上萌さんにはお会いしたことはありませんが、有名な方なので以前から名前は知っていました。何かの機会でフォローしたんです。そしたら、いつもテーブルにきれいにセットされた朝食の写真をアップされるんです。グラノーラヨーグルトとか、トーストとか、いろんなもの。最初はただ、「おいしそう」「料理上手だな」とか思うだけで、自分の行動が変化することはありませんでした。しかし、それが毎朝続くとどうなるか。「おいしそう」から次第に、「いいなぁ~」「憧れるな~」「自分もこんな朝食を取りたい」という気持ちに変わり、気付いたらスーパーでフルーツグラノーラとヨーグルトを買っている自分がいました。反復的なイメージが、実際の購買行動に繋がっていたわけです。

村上萌さんは、「人生を楽しむために、毎日の生活を自分流にカスタマイズしましょう」という提案をし、活動をされている方です。彼女のすごいところは、その伝え方です。押し付けるようなところがまったくなく、率先して自分自身が楽しんでいる。ただ、それだけ。「やりましょう、やった方がいいですよ」なんて言うことはなく、彼女自身が楽しんでいるその姿を見て、周りの人々は、結果として動かされている。この人の活動には信念を感じました。「本気で人のライフスタイルを変えようとしている」と。萌さんが継続的にアップする朝食の写真は、ぼくに「新しい世界」を垣間見せてくれました。「こういう朝の過ごし方をしたら、最高だろうな~」という世界です。

萌さんを見ていて思い出したのは、「私には夢がある」の演説で有名なキング牧師の話です。

 

村上萌さんとキング牧師の共通点

キング牧師は、聴衆に向かって、「私には……」と力強く夢を語りました。彼は決して「夢を見てください」と聴衆に呼びかけるのでも、「見なさい」と扇動するのでもありませんでした。彼は「一人称」で夢を語りました。「あなたは」でも「私たちは」でもない。

リーダーは、自分が見たい世界、やりたいことに向かって、最初はたったひとりで旅を始めます。「一緒に行こうよ」と仲間を集めるのではなく、まずは自分がひとりで「行く」。その姿を見た人たちが、リーダーの見ている世界に憧れたり、共感を覚えて、ひとり、またひとりと背中を追いかけ始める。リーダーの見ている世界がどんなものなのか、自分も見てみたいと思う。そしてひとりひとりから、自発的な行動が生まれる。「やりなさい」と言って人を動かすのは簡単ですが、それでは人が主体的に行動する機会を奪ってしまいます。それに、価値観にズレが生じてくると、結果として人はついてこなくなる。

大切なのは、人それぞれが、自らの価値観を崩すことなく、リーダーの価値観に共感し、自発的に行動することです。人に言われてやるよりも、自らやりたいと思った方が物事は生産的だし、人生は楽しくなる。だとすれば、リーダーにとって大切なことは、人に命令することではありません。リーダーが「理想とする世界のイメージ」を、「具体的に」見せてあげることです。そしてそれは「継続的に」行うことで効果を増します。

ぼくの大好きな『リーダーシップの旅』(光文社新書、野田智義・金井壽宏著)という本の中で、野田智義さんはこう話しています。

「リーダーはリーダーシップの旅を歩む中で、フォロワーの共感を呼び起こす。自分の夢が周囲の人たちに伝播し、やがてその夢は彼らの夢となる。周囲のみんなが、リーダーが見る『見えないもの』を見ようとして、自発的に動き始める」

村上萌さんの活動は、キング牧師のしたことと共通しています。まさに彼女は、真のリーダーシップを持っていると思いました。同い年ですが、心から尊敬します。

 

皇居ランとの出会い

20140705-130446-47086839.jpg

さて、ぼくは萌さんの写真を通じて、「早朝に多摩川をランニングして、シャワーで汗を流して、グラノーラヨーグルトを食べたい」という理想の朝をイメージしました。そして、実行に移しました。やってみたら、それがとても気持ちよかった。萌さんの言葉を借りれば、まさに朝の過ごし方を自分流にカスタマイズできた瞬間でした。

そんな生活を続けていたら、しばらくして、偶然手に取った東京メトロのフリーペーパーに面白い情報を見つけました。ぼくの会社は日比谷にあるのですが、会社の隣のビルに、「ラフィネランニングスタイル」というランナー専用の施設が今年オープンしたという情報でした。一回500円でロッカーとシャワーが使用でき、+110円でシューズとバスタオルがレンタルできるということだったので、必要なのはランニングウェアだけ。その情報を見つけた翌日の朝、さっそく施設を利用してみました。

朝7時のオープンと同時にお店に入り、すぐに着替えて、皇居ランを開始しました。実は皇居ランをしたのはそれが初めてで、とても気持ち良かったです。半蔵門から桜田門にかけての景色が大好きです。今までだったらまだ寝ている時間に、汗をかいて、シャワーを浴びて、近くのファーストキッチンで朝ごはんを食べる。仕事中眠くなるんじゃないかと危惧しましたが、全然そんなことはなく、むしろ朝から脳が働いていて、仕事の効率が上がりました。さらにカスタマイズされた瞬間です。

 

朝の満員電車は脳を各駅停車にする

20140705-130821-47301645.jpg

朝早く起きて皇居ランをするメリットは、ほかにもたくさんあります。

一番大きかったのは、通勤ラッシュを避けられることです。朝6時過ぎの電車は空いていて、運が良ければ座れることもある。座れなかったとしても、空いているので、読書に集中できる。満員電車のストレスを感じないだけでこんなにも疲れが違うのかと、実感しました。今までどれだけ身体と精神に余計な負担をかけていたか。

先日、「朝の満員電車は脳を各駅停車にする」という記事を読みました。そこには3人の脳科学者たちが、「頭が一番すっきりしている時間帯なのに、どうでもいいことに脳を使うのはもったいない。成功する人は自分に意味のある情報だけしかチョイスしない癖がついています」「満員電車が本当に苦痛ならばラッシュを避け、超早朝出勤にしたほうが、よほどストレスがなくて脳にいい」「詰め込まれた車内では、横のOLの香水の匂いがきついとか、足を踏まれたとか、ネガティブな感情が起きやすく、これも脳のムダ遣いです」などと話していて、まさに、と思いました。

そして朝は、雑念がありません。頭がすっきりしていて余計なことを考えないから、読書に集中できて、効率がいい。雑念たっぷりの夜に2時間本を読むよりも、朝の通勤時間に40分本を読んだ方が、頭にスッと入ってきて生産的です。

朝、走ることで汗をかくのも、身体や脳に良い影響を及ぼしているのでしょう。脳がとても活性化します。ラン後にシャワーで汗を流すのも、良いリセットになります。さらに、走ったらお腹が空くので、しっかりと朝ごはんを食べるようになる。これも健康に良さそうです。

唯一のデメリットといえば、今までかからなかった出費が発生しているということでしょうか。施設利用料、スポーツドリンク代、朝ごはん代など、合わせて毎朝1200円くらいの出費があります。しかし、この朝の活動によって得られるものを考えれば、損をしているとは決して思いません。この自己投資は必ず回収できると信じています。結局、早朝の皇居ランは良いこと尽くしなのです。

 

楽しさは伝播し、共感が次の誰かの行動を生む

20140705-130446-47086327.jpg

そしてぼくが村上萌さんの発信に影響を受けたように、今度は自分が周りの人たちに影響を与える番だと思いました。

それで、Facebookで毎朝の発信を続けています。でも、「皇居ラン、絶対やった方がいいですよ!」なんて押し付けるような言い方はしません。自分が楽しかったこと、走って気持ちよかったことなどを、一人称で伝えるように心がけています。そしたら、「素敵な朝活に影響を受け、私も30分早く起きてコーヒー飲んでリフレッシュしてます」とか、「いろいろ辛くなっても頑張ろうという勇気をいただいています。ありがとう」なんていう嬉しいコメントをいただいたり、「自分も一緒に走りたい」と友人が参加してくれるようになったり、確実に良い流れが生まれているなと感じます。

まだまだ始めたばかりですが、これからも毎日の発信を通じて、朝の過ごし方の魅力を伝えていきたいです。そしてより良いライフスタイルを求めて、新しいことをどんどん試して、自分の生活に取り込んでいきたいと思います。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s