アラン・ブースが愛したニッポン—日本縦断に想いを馳せて

IMG_9203

「北海道から鹿児島まで、徒歩で日本を縦断したい」とぼくが最初に思ったのは、いつだったかもう忘れた。

司馬遼太郎の小説に出てきた幕末の志士たちが、まるで近所のスーパーにでも行くかのように「江戸へ行ってくる」と四国や九州からさらっと駆け出す姿にふれたとき、驚くと同時に「同じ人間だから、きっと自分にもできるだろう」と思った。

大学時代、サークルの先輩が夏休みを利用し、東海道五十三次(大阪〜東京間)を歩いたと聞いたとき、さらに確信が湧いた。

そして南極大陸3000km横断の冒険を目指した植村直己さんが、「3000kmという距離がどのくらいのものか体感したかった」と言って、北海道稚内から鹿児島まで、たった51日間で徒歩で縦断したという話を本で読んだとき、既に「いつかはぼくも徒歩で日本縦断を」と心に決めていた。

過去に徒歩で日本縦断をした人間がどのくらいいるか、正確なところはわからないが、ネットで調べると、結構たくさん出てきた。その中に、気になる人物を見つけた。アラン・ブースというイギリス人が、1977年に約4ヶ月かけて日本を縦断したというのだ。

ロンドン生まれのアラン・ブースさんは、1970年に来日し、早稲田大学英文科で教鞭を執った後、新聞や雑誌に日本の伝統芸能についてコラムを執筆するなど、作家として活動した。彼の壮大な旅は、『THE ROADS TO SATA』(SATAは鹿児島県佐多岬のこと)という英語本として出版され、1988年に翻訳されて『ニッポン縦断日記』という本になった。

今はもう絶版になっているのだが、クチコミを読んでいると、「復刻してほしい」「私のバイブルです」などの声が多くあり、いったいどんな本なのだろうと気になった。「外国人の目」というフィルターを通して描かれた1977年のニッポンは、どのような色彩と輝きに満ちているのだろう。

無性に読みたくなった。こうなるとぼくは止まらない。図書館の蔵書検索で調べると、宮前平の宮前図書館の書庫に眠っていることがわかった。二子玉川のカフェから即座に向かい、この本と対面したのが今から2時間前の話だ。

IMG_9203

まだ10ページ程度しか読んでいないが、美しい日本語、瑞々しい感性、心温まるエピソードにふれて、早くもぼくは喜びに震えている。なんという素晴らしい本と出会ってしまったのだ。これから実現したいことのヒントが、この本の中にたっぷりと詰まっていそうだ。

「朝は何時に起きますか?」

民宿の主人が聞いた。背が高く、ひげづらでぶっきらぼうな人物で、ダンヒルのライターをいじっている。

「さあ。7時ぐらいかな。早く発ったほうがいいと思うんです」
「バスに乗るんですか?」
「いえ、歩きます」
「遠くまで?」
「日本を縦断するんです」

あくる朝、民宿の主人が北海道の地図を印刷した小さな木綿のハンカチをくれた。道をまちがえたりしたときに便利でしょう、というのだった。

一台のトラックが止まると、運転していた若者がなにもいわずにオレンジジュースのびんを差しだしてくれた。ぼくは立ったまま、道のまんなかでゴクゴク飲んだ。エンジンをふかしているトラックの上から、若者がにっこり笑いながらそんなぼくを見おろしていた。

「どこから来たんですか?」
「イギリス」
「わあ、すごいな!」
「沼川まではどのくらいですか?」
「もうひと登りで着きますよ」

そして、オレンジジュースの最後の一滴までがなくなったことに満足すると、彼はびんを受け取って、エンジンの音もにぎやかに道をあがっていき、夕風が牧草にさざ波を立てはじめた草原のほうへと折れていった。

旅館のご主人オバタさんは地元の小学校の先生で、「ちょっと寄って生徒たちに顔を見せてくれ」と説得されてしまった。

「さてみんな、このかたはイギリスからみえたイギリスの人です。カズオちゃん、イギリスってどこかわかるかな?」
「ずっとむこう」
「地図で見つけられるかな?」

へこんだ金属製の地球儀が教室の前にひっぱりだされると、四人の子どもたちはもじもじしながらそのまわりに集まってきた。

「ちがうよカズオちゃん、それはサウジアラビアだよ。これがイギリスだ」

オバタさんはいって、アイスランドをコンコンと叩く。

なんてことのないひとつひとつのエピソードが本当に面白く、ぼくの夢はさらに膨らんでいった。もともと、外国人を連れて旅をしたいという想いがあったけど、この本を読んでなおさら実現したくなった。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s