「後悔のない人生を」なんて言いますが

昨日、友人がしてくれた話が、とても面白かった。

彼が静岡から横須賀まで一人で運転していたときのこと。途中立ち寄った足柄サービスエリアを出る際、ヒッチハイクしていた2人組を見つけたのだそうです。そのとき彼は、「乗せようかどうか、究極に迷ったけど、決断が遅れ、後続車が来ていたこともあって、そのまま通り過ぎてしまった」とのこと。

でも通り過ぎた直後、「一人で暇だったし、面白い出会いがあったかもしれないし、乗せておけば良かったと猛烈に後悔した」のだそう。この何でもない些細な話に、ぼくはとても共感しました。

「こんなとき、洋太だったら、乗せていたんだろうな。せめてお前が助手席にいれば、瞬時に『乗せよう』と言ったんだろうな」と彼は言いました。確かに、ぼくならそうしていたかもしれません。しかし、彼の言葉に、「でもね」と思ったんです。

でも、今ぼくがそう思えるのは、「やればよかった」「こうすればよかった」という同じような後悔を、これまでに何度も繰り返してきたからなんです。その悔しい思いを積み重ねてきたからこそ、「次こそは…」と少しずつ行動力が磨かれていったのだと思います。

大切なのは、自分の感情と素直に向き合うことだと思います。そこで後悔できるのは、ちゃんと向き合ってる証拠。「後悔のない人生を」なんて言いますが、最初からそんな完璧な人生を送れる人はいません。後悔のない人生は、後悔を積み重ね切った後に訪れるものかもしれません。

だから後悔なんて、次に生かせばいいだけの話。長い目で見れば悪いものじゃありません。

「次にヒッチハイクしている人を見つけたとき、今度は絶対に乗せられるよ」と彼に声をかけました。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s